だれだって?

スポンサーリンク

私は対戦ゲームが大好きだが、ゲーム的な考え、理解できないと知り合えた方はおっしゃってた。

私は断然、対戦がモチベーションを生むと考える。

格闘というゲームがあるが(久しぶりにやった)、勝ち方。やっぱり、相手を倒して勝ったほうが興奮しておもしろい。

そんな考えを持っていたら、ローマ法王が長崎に来た。 私の世代、そんな考え自体がはびこってる日本。 まぁ問題なのね。

続いて、菜根譚という考え。 という言葉。 という言葉を見つけた。

経路窄処:人生というゲーム、道を進むために、まず譲るようにと言う考えだ。

私には理解できないが、それが正解なのかなぁ? わからない。

急がば回れとか、 情けは人の為ならず とか言う言葉があるらしいが。

自分だけ勝ち抜く、を説いた考えではなく、人づきあいをうまくしてみんなで幸せにと言う考えらしいのね。

 

ハウツー的には、、、あるよ。

部下には最初は厳しくとある。  恩恵を施すには初めあっさり、後手厚くで。    厳しさ恨まないし、恩恵忘れないらしい。

私もよくそうなるのだが、心が落ち着かないとどんどん疑心暗鬼になるという。心落ち着かせればいいのね。

また、結果は必ず現れるから、機が熟すまで待てばいい。結果を求められる時代という。

憶えとこ。

スポンサーリンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post

温故知新温故知新

スポンサーリンク 現在コロナで大変。 こんなの経験して、すごい制限を受けて、そう言うことからの対応、こう言う言葉だったなぁ~と思った。   温故知新。   高校授業の時、古典の時間、自分に温故知新の訳 […]