わたしはどっち?

スポンサーリンク

私は、テレビとか見てて、内閣、応援するかしないかと言って、頑張れって応援しちゃうタイプだ。

政治の悪口なんかは、まぁ言わない。

偉い人が頑張ってるんだから、それはそれでいいと思う。

偉いだけでなく、さらに国を良くしようと努力してるんだろうから。

そんな、もう既にお金やその他、力をもってるだろうからって余裕で暮らして食ってんじゃなくて。

 

私、現在、そんな力ないが、力あったら、楽して暮らしていくかなぁって。 だから。

政治、子供のころからそんな思ってた。

 

私、国の方針なんかあるけど、そっちに従う。

国に協力できたらできればいいなぁという考えはある。

それに、あつかましい話、日本、よくなればいいなぁと考えてる。

 

なんか知らないけど、右翼と左翼ってよく聞く言葉あるけど、なんか右翼なの?そういうの。

国に協力し、日本よくなればいいなぁって。

 

ニコニコ動画見るけど、菅さん、ニコニコに来てた。国の人よね。 ちょっと右寄り?

 

そんなんで、読書してたら、「学問ノすゝめ」福沢諭吉が紹介がある。

内容のひとつは、、、「独立独尊」で、自分が独立して国も独立することが大事だと。 国を一人で背負って立つ気概を、国民一人一人が持たなくてはダメなんだと。

他の本を読んでみる。  「選択の自由」M&R・フリードマンという本があった。

この本には、日本人はどちらかと言うと権威を重んじ、政府や企業のシステム、高等教育機関など「大きなもの」の力を絶対的とみなしがちとある。と。

 

私は日本人の意識改革なんか起こらない限り、現状維持の主義で行こうとか思います。

で、私、このブログでも、日本がちょっとでもよくなればなぁということでやっていこうと思います。

そのくらい、背負ったほうがいいらしいので、そんな気分で行きます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post

小説。(夏目漱石)小説。(夏目漱石)

スポンサーリンク 夏目漱石の「こころ」なんか、動画TVであるので、なんかわかるかなぁと見てみた。 昔、高校のころ、読んだのだが、めっちゃ暗くて、なんやと思った。 小説なんかどこがおもしろいのかと思った。 今、再び、ストー […]