オレの緩急

スポンサーリンク

昔、ファミスタというゲームがあった。

私は、現在オリックスのチームを選択していたが、好きなピッチャーは、ほぴの。

左のカーブが大きいのが特徴な投手。速球はない。

それでも、私は当時、まぁ投手戦になることが多く、0で続けていた。

その0で続けるために、ほぴのピッチング、カーブからの軟投投球、速球は使わないもの。速球を使わないで抑えるのがいい。フォークは使うね。

フォークで三振とったり、右打者のインコースに大きく曲がり過ぎるカーブでバッティング対応させなかったりして、三振を取ってた。

今でもすごくいいイメージが残ってる。

ピッチングセンス、って何だろう?

ID野球のデータがあるんだろうけど、子供の頃はそんなこと頭になかったので、感覚でやってた。相手の読みを読み、それを読んでくるのを読む・・・みたいな。

私は、相手の駆け引きと言うか、裏をかくというか、、そういうのが得意だった。

家の親が恐かったので、いつも、相手の心を読んでなくちゃいけないと育った事実。

 

お笑いだって、相手にどう受けるかっていうので相手の心を読むよね。  だから、学校でもお笑いだった。

だから無意識にピッチングセンス、あるんだろうと思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post