レジの私のストレス

スポンサーリンク

今私は田舎に住んでいる。

住宅地だが、近所は、高年齢の方が多い。

結婚して引っ越してきた。 結婚する前は、近所なんか、そういう雰囲気とは違ってた。

スーパーに行くのに、全然雰囲気が違うのだ。

私は現在のスーパーの雰囲気が大の苦手で、結婚する前に住んでた環境のスーパーの殺伐とした感じの方がぜんぜん良かった。

 

で、友達もいないし、年齢も合わないし、でも買い物しなきゃなのでそこで買い物をする。

ハッキリ言って、買い物がストレスで、段々プレッシャーになってきて、今では妻にばっかり任せて逃げた。

前の買い物してるときはそんなことはまったくなかったのだが、こちらに来て、いつも、買い物してるとき、おばさんたちがプレッシャーになり、買い物をスマートに、テクニカルに、思いっきりよくスムーズにこなさなければ、後味のとても悪い、とても嫌な感じが残って仕方がなかった。

そういう動きは、生まれて、対戦ゲームをしてきて(今の人はそうだと思うが、当たり前だと思うが)、私もマリオカートなんかの感覚があって、その応用、帰りの自転車はそういう方たちよりスイスイ行けるのだが、残念ながら、レジの方のテクニカルな腕より、スイスイお金をさばける程の経験はない。

そこで、いくら若いやつでも、レジでスラスラさばけたら、こいつは~とか思われて、ちょっとは気持ちがいいだろうなぁ~とか思うのだが。

 

現在、お金の電子化で、そういう処理はいらなくなってる傾向に、日本もなりつつあるが、早く、私はそうなって、嫌なストレスがなくなってほしいなぁと思う今日この頃である。

スポンサーリンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post

しんみりしんみり

スポンサーリンク 人間はロボットじゃないから、感情はある。 人の心を傷つけたければ、その感情の反対方向へベクトル。 だから、心が傷つきたくなければ、受ける感情を持たなければよい。 なにか頑張ったら感情は発生すると思うが。 […]