人間関係なるべく


 昨日、ブログを書き始めて、「やる気」について考えたのはいいが、やる気を出しても、私の場合、人間関係、対人との折り合いで、気が引けてしまい、よい考えがあっても、摩擦。パワーダウンしてしまう。

 そう言えば、日本も昔、アメリカと貿易、経済摩擦とかあったなぁ。関係でパワーダウンはもったいない。

 そこで、私は、人間関係について考察、ずっと続けていってみようと思う。  やる気なんか、その他、人間関係で失っていかないように。  騙されないのもありますね。

 
 blog

 人間関係、私の場合、まず問題になるのは、対等に付き合っていく上で、とても「いい人」な傾向があります。

 そこが問題だと考えたので、まず、そこを考えていったらいいと思いました。

 
 私は確実に、好かれたいと思ってもいない相手、縁を切りたいと思っている相手にですら、「いい顔」をその場では見せてしまってます。

 やっぱり、子供のころから親、先生の評価をとても気にして育ってきたのがあると思います。

 ちなみに、ニコ生配信など、人からどう思われるか気にしないこともないが、やっぱり出ててよかったなぁと思えたことも多々あった。

 
 人に気をつかったら疲れるということを私は子供のころからあまり知らない人間だったが、、今は結構神経質。

 対人的に疲れて腹を立てないために、いい空間や時間を確保するのがコツらしい。 散歩や読書、気のおけない人たちとの時間、のんびりした時間を意識的に持つ。

 
 世間一般のいい人間というイメージはあまり当てにならない。 そもそも、そんな人物像をすべて網羅し、演じることは不可能であるという。

 私はこの一文で、ハッとした。 対人的に、すべての人のいい人を演じようとしたって、そんなの無理だと。 偏る。 じゃあ、自分で好き勝手、有利な態度へ、また無理する必要のない時は無理に気を遣う必要はないなと。

 その都度その都度全員にやさしくする必要はないのかなと。     自分の傾向と一致する人にやさしくしときゃいいんじゃないかと。   全員から好かれることも嫌われることもない。

 私は、調和。 人間が集まれば、間を取り持つ役が多く、ハッキリ言って損している。  なんか、気を遣うタイプ。

 まぁしかし、その性格で、知り合いから日本一周などの旅行に連れて行ってもらったり、そんなに問題はなかった。

 
 いい人だからって、付き合ってて、嫌な対応をされ、それを放置してたらストレスが溜まるので、そんな反応をしだしたら、無視すればいいと思った。 反応すると喜ぶ。 相手の守ってるものを探してみる。 そんな相手には、自分優先の考えを持ってノーと言えなければならない。

 縁も大切なものだが、時には断ち切る勇気を持とう。つながっていた縁を終わりにすることが大切な場合もあるのだ。

 結婚したら独身の人と話が合わなくなるのは実感するなぁ。 独身の人しかいないのだけど、付き合い形態変えろってことなのか?って、私的にはガラじゃない。

 新しい仲間もみつける。

 「なくしたものを嘆くより、今あるものを大切に」だなぁ~。なんか、昔のこと話してるの多いぞ最近。

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post

私は払うよ!私は払うよ!

「2ちゃんねる」の開設者、元ニコニコ動画取締役 である 西村博之さんについて。 私はYouTube、ひろゆきさんをよく聞いており、大変ファンである。 私にとって、長時間ノンストレスでこんなに話を聞ける人も珍しいと思ってい […]