基本的間違え!

スポンサーリンク

 いろいろ、動画があるが、マルクスの資本論の簡単な解説があり、それを見る。

で、内容、価値と使用価値と言うのがあり、、

使用価値は、それを使うメリット、効用のこと。  カレーの使用価値は、美味しいし、お腹いっぱいになる。

価値、は、それを作るのにどれだけの労力がかかったか  例えば、、1時間で作ったカレーより、10時間煮込んだカレーの方が価値が大きい。

コストに比例して価値が大きくなるという。  そこで、純粋に価値から使用価値へ、お客さんへ認められなければいけないが。

 

そこで驚いたのが、お客さんに認められて、コストが大きいか小さいか。

私は、お客さんに認められれば、コストなんか、関係なく、価値が決まるかと思ったが、ここでは、そのコストに比例して価値が大きくなるのね。

これを知って私はすごいショック!

今までの私の方針ってなんだったんだって。

私が認められようと思うなら、いろんな人がいるけど、私はその労力を最小限にして達成する方針がスマートだと考えてきた。

労力少なくて、認められてOKならいいじゃんってねぇ~。

 

でも、努力してもよかったのだ。 労力をつぎ込んで良かったのだ。

だって、そのつぎ込んだコストに比例して、もし得られたならば、その価値も大きくなるわけだから。

 

よく、子供のころ、テスト前、勉強した?とか聞いて、勉強をしてないふりして影でやってたりっていう話し合ったけど、表で努力つぎ込んで発表してってそんな考えでよかったのね!

間違ってたわ!

スポンサーリンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post

菜根譚について菜根譚について

スポンサーリンク ローマ法王が来て盛り上がってるが、私は、菜根譚という中国の思想を考える。 菜根譚、貧しいけれど心豊かでありたいという思想や、いかに逆境を乗り切る知恵について書いてある。 どう耐えるか?     どう備え […]