我が強いやつの反発

スポンサーリンク

昔、オリックスファンだった私は、松永浩美の動画を見た。

松永浩美は阪急、オリックス、阪神、ダイエーと移った私の野球選手の中で一番好きだった選手だった。

スイッチヒッターで、サイクルヒットを量産して、スリーベースもが多かった。

一緒に出てたのが、日ハムの田中幸雄 と 広瀬哲郎 でした。

あの頃、パリーグ大好きで、ピッチャー西崎とかカッコいいって友達も真似してました。

私は阿波野ではない。当然、星野。

調べてみたら、すごい!知らなかった、田中幸雄って2000本打ってるんですね! ミスター・ファイターズ

なんか、大人しい感じでした。田中幸雄。

で、広瀬。

広瀬はドラフト1位で社会人から日ハムに入ったのらしいのですが、入団してからは即戦力として活躍できず、30歳から本格デビューしたそうです。

広瀬の話でおもしろい話は、、、当時、日ハムベンチ裏で、広瀬が、大島康徳と監督采配、ポジションの関係で大ゲンカになったそうです。

そこで私が思ったのは、そう言えば、当時、日ハム、大島、オリックス、痛いところでタイムリー打たれてたなーと言うことです。

やっぱり、大島、我が強いって言うか、そんな選手のここ一番の逆転タイムリーは効きます。

そんな思い出を思い出しながら、その時その時で当時を振り返り、動画を見て、大笑いできました。

スポンサーリンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post

自分の適性と配信自分の適性と配信

スポンサーリンク ニコ生配信者に参加してチャットしたことがあって、調子に乗ってたので、そのノリで自分も配信した。 いつも、オリックス配信、しかし雨中止だ。せっかく調子に乗ってるのに。 よし、強引に配信しちゃえ! まぁ配信 […]

新しい二つの風新しい二つの風

スポンサーリンク ちょっと生活に行き詰まりを感じてきた。   頭をよぎるに、そんな時、読書経験、ココ・シャネルの言葉にて、ちょっと無理して頑張って成功していくより、大失敗しろよとあったのを思い出した。 &nbs […]