承認欲求を捨てたら


スポンサーリンク

 自己肯定から来た考え。

 人間、なんでも自己責任だという。

 もし、例えば、仮にギャンブルして大当たりする人がいるとして、賭けるかかけようと思っている。

 その人は周りからギャンブルすることに、批判されたり、文句言われたり、ヤジを飛ばされたりして、ちょうど掛けるのをやめてしまった。

 そして、なんと、残念なことに、その賭けようとしていたギャンブルは大当たりしてしまった場合。

 その人は、周りの批判や、文句やヤジに責任を負えるだろうか?

 また、その、周りの言った人は、残念だったことを補償してくれるだろうか? そんなことしないだろう。

 だからやっぱり周りからの声のせいにはできない。 自己責任だ。

 周りからの声で判断が揺らいでの結果でも、周りからの影響のせいには言えない。

 ということは、周りの声の影響を受けることは、そのせいにはできないんだから、受けるのは無意味。

 
 人間には認められたいという欲があるという。

 承認欲求。

 認められたいから、人の評価を気にするのではないか?

 私は評価なんかめっちゃ意識する。いつも意識し過ぎて浮き沈みするタイプ。

 がんばって最後まで答えるまでも強くもないが。

 まぁしかし、あるのはあるので、それが、承認欲求が災いの元だと思った。(達成しない中途半端だから苦しいのかな?)

 で、評価を気にするから、周りの声が気になるのだが、その間接的な周りの声は、先ほど言った通り、気にしたって責任は取ってくれない。

 
承認欲求、いらないと思ったのは、理由は・・・

承認欲求、認められたい欲求、、

認められたいから人の声気になる。

人の声は、責任取らないくせに判断揺らがす。

失敗する。

だから、承認欲求は邪魔だ。

承認欲求捨てろ。
 
と思った。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post

基本的間違え!基本的間違え!

スポンサーリンク  いろいろ、動画があるが、マルクスの資本論の簡単な解説があり、それを見る。 で、内容、価値と使用価値と言うのがあり、、 使用価値は、それを使うメリット、効用のこと。  カレーの使用価値は、美味しいし、お […]