2勝1引き分けで十分

スポンサーリンク

オリックスvs阪神  関西対決

関西対決2勝1引き分け

オリックス3タテしなかった。とか、日曜日に弱いオリックスとか、田島に勝たせろとか言う話もあるかもしれないが、私はこれでいいと思っている。

オリックス期待の田島。案の定、実力発揮、阪神打線を寄せ付けず、6回までノーヒットピッチングとかすげぇ。 阪神手玉に取る状態で相手にならない。

私思うに、関西人気をオリックス一球団でしょってたてるわけはないので、昨日は最初、そのまま田島がボロボロに阪神打線をやっつけててもあのまま行ったら、ヤな空気。

で、田島、無理せず、交代。  ススーッと勝ってたら何の問題もなかったかな?

でも、5点差を空気の通り追いつかれて、逆転されない守りの展開のオリックス。

結果、オリックス、必死で同点守り切り、引き分け。

とりあえず、オリックスファンの私。オリックス、負けなくては良かった。

 

この関西決戦、オリックスvs阪神、2勝1引き分け。 まぁ十分じゃないか?

 

そんな関西人気対決、オリックス、圧倒的に阪神を、ガラッと無理に動かすようなことしたら、反動も大きいだろうから、オリックス、ちょっとづつ染めていけばよいと思う。

ちょっとづつね。

 

抑え増井の、最後、同点打打たれた。

9回、抑えの増井も関西人気決定バランス、しょって立てて投げてて、大変だろう。

だが、増井が抑えてれば、良かったのかな?

 

 

もう一つ書かせてもらうと、西村監督は、意表を突くのがとても上手な監督だなぁといつも思わされる。

2アウト3塁同点。 抑えたい。

で、ピッチャー選択。  このところ乗ってるエップラーかなぁ?とか思ったけど、比嘉だった。

比嘉のイメージはスライダー。

先ほど、ノーアウト1-2塁の送りバント処理の好プレーであるバッター、大山。

ファールなどで2ストライクまで追い込んだ。

私は完全にスライダーを外角に投げてひっかけさせるか、空振りを狙うかだと思ったが、、、そこでバッテリーが選んだ球種は今まで投げてなかったシンカーだった。

それで、スライダーを狙うバットの軌道で大山は空振りし、シンカーが見事決まった。

あそこは見事だった。

あそこでシンカーという球種は私はこれぽっちもなかったなぁ。

比嘉で最後、シンカーというシナリオの西村監督は流石だと思った。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post

数学の関係数学の関係

スポンサーリンク 妻と会話してて、昔の話になった。 高校時代の人間関係から、日本の外交、私の主観、高校時代の価値観なんかの話になった。 数学。 私、理系で、教科、数学が一番好きだった。 昔の数学の問題を調子に乗って、威張 […]