SNSの反省


 いろいろ文章を読んでいると、私もニコ生などSNSのやり方、基本ができてなかったなぁ~と気づかされる。

 その基本ができてないままずっとやって来てるから、伸びないところもあっただろう。

 基本SNS、質問なんかのコメントがあったら、チャンスで、「相手の希望を叶え、自分のアピールができる回答」なんかを決めて、上げていけばいいという。

 指示、返事だけして、あまり言うこと聞かないですいません。

  でも、ニコ生配信、スーパーマリオメーカー2、私は簡単なステージを爽快に進んで行く方針だったのをリスナーさんから難しいステージしてって言われて、クリアに長時間かけてしまってリスナーさんをやきもきさせてしまった。

 それから、ニコ生、ダメになったけど、まぁ長引いたぞ。 (スーパーマリオメーカー2嫌い。)
 
 
 また、SNSは双方向から発信するメディアだが、相手のキャラを受け取るため、「いいね」だけでなく相手の気持ちを想像し「相手が望んでいること」をコメントすれば、反応はよい。 しかし、思ったのは、SNS、いくら受けるからと言って、自分の意識より、「相手が望んでいること」をコメントするのは自分は苦手だなぁと思った。

 「自分の意識」と「相手の望んでいること」が一致して、その数が多ければSNSは意味ありだと思った。 (数が大切ならば)

 多くの人の価値観を提示してやるのがSNSのやり方かな?

 

 本音で行くなら、私はマイノリティーに属し、趣味の領域。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post

ミスミス

読書をする。 「初心者のための驚異のテニス」に書いてあるのが、、、テニスには二種類のゲームがあるという。 一つは、プロおよび天才的アマチュアのゲームであり、もう一つはその他大多数のゲームであると。 どちらもプレーヤー、同 […]

迎合こわい迎合こわい

生命科学勉強したが、どこまで許されるかという倫理の問題   100年前の優生学の歴史をまた現代は踏むのか?という話。   100年前よりたくさんのツールを持って、また人類はトラブルの繰り返しを踏んでい […]

バク宙できてた!バク宙できてた!

私が小学校5年生のころ。 まだ昭和の時代。 オレたちひょうきん族から、私も女の子にモテようと少年隊路線へ一生懸命、切り変わろうと、友達と海にバク宙の練習をやりに行った。 恐いもの知らずの私。 その努力がかなって、私は、バ […]